HOME>イチオシ情報>虫歯などで部分的になくなってしまった歯を取り戻す方法

バネを使って固定する仕組みが一般的

歯型を持つ人

歯がなくなってしまった時の治療法の一つに、入れ歯というものがあります。人工の歯をなくなった箇所に装着することで、歯が本来持っている機能を代わりに行わせるというものです。歯全体を入れ替えるものを総入れ歯と言いますが、部分入れ歯という限られた箇所の損失に対応できるものもあります。全体を入れ替える場合と違って本来の歯を残すことができ、違和感が少ないのが特徴です。装着の仕組みは、健康な歯に金属製のバネを引っ掛けて固定させるのが一般的です。噛んだ時に負荷がかかりやすいものの、保険がきく治療であることから主流となっています。一方で自費による治療となりますが、バネを使わずに部分入れ歯を固定する方法もあります。金属製アレルギーを持っている方にもおすすめできる方法です。

歯科医と相談して治療法を決める

歯型

欠損した歯を部分入れ歯に作り替えてもらうには、歯医者を訪れる必要があります。歯医者で歯が欠けている部分を診断してもらい、状況にあった治療法を考えてもらうという流れになります。部分的に1、2本だけ歯が欠けているのであれば、部分入れ歯による治療が採用されます。ただしバネを使った部分入れ歯を作るには、隣接する歯が健康でぐらついていないことが必要です。問題ないようであれば人工の歯を製作し、はめ込むだけで治療は完了します。

磁石を使ったものも申し込める

男女

部分的に入れ歯を作る治療法の一つに、マグネットを使ったものもあります。磁石の力で新しい部分入れ歯を歯茎に固定するという仕組みで、歯の根の部分が残っていれば治療可能です。そのため他の歯がぐらついている人でも、安心して選択することができます。マグネットを使った部分入れ歯のメリットは、磁石でピッタリと吸着することや、金具が外から目立ちにくいことなどが挙げられます。歯科医の先生と相談して、歯の状況や治療費などの点で問題ないと判断されれば申し込むことができます。

広告募集中