自分の歯が残っている場合にお勧めです

歯型

虫歯や歯周病が進行してしまい、抜歯が必要になると、部分入れ歯の治療を勧められることがあります。ほとんどの歯を失っている場合は、総入れ歯を使用しますが、自分の歯が残っている場合に適しています。部分入れ歯はプラスチック素材で出来ており、隣の歯に引っ掛けるための金属のバネが付いています。地元で評判の高い歯科クリニックを選ぶと、天然の歯や歯茎の色に近い商品を作ってもらえます。高い技術を持った、歯科技工士が在籍をしている所がお勧めです。事前に予約を入れておくと、診察や検査に時間を掛けてくれるので、安心して通院が出来ます。ブリッジとは違って、両端の健康な歯を削る必要はありません。保険適用が受けられるので、費用を抑えることが出来ます。

費用を抑えた治療が受けられます

虫歯や歯周病などで、失った歯の部分に部分入れ歯を装着することで、しっかりと食べ物を咀嚼出来ます。抜けている歯の部分を補うことが出来るので、歯の機能を回復させたい人にお勧めです。ブリッジとは違って、取り外しが出来るので、専用の洗浄剤などを使って清潔を保つことが大事です。インプラント治療は審美性に優れていますが、高額な費用が必要になるため、お金に余裕がない人もあります。部分入れ歯はブリッジとは違って、金属部分が少ないため、費用を抑えた治療が受けられます。信頼できる歯科クリニックを選ぶと、高品質で上質な素材を使用しているのに、お値段がリーズナブルなので安心です。

インプラントに比べると治療期間が短いです

抜歯をした状態でそのままにしておくと、歯が少しずつ移動してしまい、歯並びが悪くなったり、傾いたりしてしまうこともあります。歯が抜けたままにしておくと、年齢よりも老けて見える原因になります。なるべく費用を抑えたい人は、部分入れ歯の治療がお勧めです。金属のバネが付いていますが、アレルギー体質でなければ、安全に使用することが出来ます。医師は時間を掛けて調整をしてくれるので、装着をした時に違和感を感じにくいのが特徴です。30代、40代の若い人は、高齢者のように歯茎が痩せていないので、痛みを感じることも少ないです。ブリッジやインプラントに比べると、治療期間も短いなどのメリットがあります。金属のバネが見えてしまいますが、奥歯の場合は目立たないので安心です。口コミで評価の高い歯科クリニックを選ぶと、費用の面でも相談がしやすいです。仕事や育児などで忙しい人は、予約の取りやすい歯科クリニックがお勧めです。

広告募集中